2009年5月28日木曜日

IE8

2009年3月にInternet Explorer8(IE8)の正式版がリリースされてから2か月が経過しました。
ブラウザのバージョンアップや新しいブラウザの登場は個人的には楽しみでも、インターネット関連のソフトウェア開発をする立場としてはソフトウェア、ホームページの動作確認、修正作業が増えるだけで辛いなというのが本音です。

さて、弊社で事業展開している電子フォームおよびワークフローシステムについてもIE8対応を行いました。
以下、弊社アプリケーションソフトをIE8で動作させて気付いたことです。

・電子フォームには電子印鑑を捺印したり、写真等の画像を貼ることができるのですが、IE8がアンチエイリアス表示するようになったようで印鑑や画像が鮮明になった。
サーバーサイドでアンチエイリアス処理を行うこともあるのですが、IE8だけを対象にするならこの処理が必要なくなりシステムが軽くなる可能性がある。

・IE7のズーム機能で100%以外を指定した場合、ブラウザ内のオブジェクトの座標位置が正しく判断されずに表示位置が崩れることがあったが、IE8では改善されている。

・IE8の売り文句通り、動作が速くなった。

弊社アプリケーションソフトで確認してみてください。